コーヒーノートのコーヒーブログ

コーヒーノート(COFFEENOTE)のブログ

DOTコーヒー

さわる!“触”の大博覧会に行ってきました

こんにちは。座間市にあるブタ釜コーヒーの店 コーヒーノート 店主の大森です。

みなさまにご報告申し上げるのが遅くなってしまいましたが、昨年の11/22、大阪の国立民族学博物館で開催された特別展「ユニバーサルミュージアム〜さわる蝕の大博覧会〜」に出かけてまいりました。
民博に出かけるのは7年ぶりです。(しかも今回は日帰りです!!)


DOTコーヒーについてのご感想とアドバイスのお電話を頂いた事が、本特別展実行委員長の広瀬浩二郎先生と知り合うきっかけでした。

その後「点字毎日(日本で唯一の点字新聞)」編集部にご縁を繋げて下さり、おかげさまで全国の視覚障害者の方々に点字を通してDOTコーヒーの事を知ってもらうことができました。

会場で直接お会いして日頃のお礼を申し上げるのが、この日の目的のひとつでした。


視覚に依らず、触って鑑賞する作品が並ぶ会場ー。
こちらから歩み寄って作品に触れる、というアクティブな鑑賞スタイルは新鮮でした。
戸惑いながら蝕れていくうち、「よっしゃ、次(の作品)いってみよ〜!!」というふうに、
新たな刺激や感触を得ようと積極的になってゆく自身の変化も可笑しかったです。

・掌だけでなく、全身を預けてその感覚を楽しむ作品などもあり、さまざまなチャレンジを感じました
・蝕覚も個人的なものである一方、誰とも共感できるものでもあると再認識しました


鑑賞後、民博ミュージアム・ショップに伺いました。
「世界ドリップ紀行」のほか、特別展に合わせて「DOTコーヒー(みんぱくVer.)」も販売していただいておりました。スタッフの皆様にご挨拶し、国立民族学博物館を後にしました。

特別展が示すビジョンに相応しい商品としてDOTコーヒーが今後も成長するよう、努めてまいりたいと思います。

特別展入口


DOTコーヒー・みんぱく仕様

ブタ釜コーヒーの店 コーヒーノート店主の大森です
こんにちは。

本日9月2日より開催された
国立民族学博物館の特別展
ユニバーサル・ミュージアム–さわる!”蝕”の大博覧会

に合わせて、同館のミュージアム・ショップ様でDOTコーヒーも販売していただいております
みんぱく特別仕様となっています

国立民族学博物館 広瀬 浩二郎 先生 推薦
という点字ラベルを貼り付けています

DOTコーヒー 特別仕様


ユニバーサル・ミュージアム–さわる!”蝕”の大博覧会-開催

ブタ釜コーヒーの店 コーヒーノート店主の大森です。
こんにちは。

国立民族学博物館の特別展
ユニバーサル・ミュージアム–さわる!”蝕”の大博覧会
が本日9月2日より開催されました
おめでとうございます

図録のほか、
特別展オリジナルグッズも販売されているそうです


DOTコーヒーの紹介(その1)

ブタ釜コーヒーの店 コーヒーノート店主の大森です。
こんにちは。

DOTコーヒーのことを紹介させてくださいね!

D(誰もが)
O(美味しく)
T(作れる)

ユニバーサルデザインなコーヒー、それがDOTコーヒーです!!
DOTは点字のドットのことも指しています(ダブルミーニング!!)

【コーヒーバッグタイプのコーヒーです】
・形状と使い方はティーバッグと同じです
・カップにDOTコーヒーとお湯を注ぐだけで、飲みたい時に簡単にレギュラーコーヒーを淹れることができます
・カップに分量の水とDOTコーヒーを入れて電子レンジで作ることも出来ます(コンロの火を使えない方のやけどを回避)
・半身が不自由な方にも(自分で作れる)と、お使い頂いています

【ケースには点字で作り方と賞味期限を記載しています】
・目の不自由な方にもご利用いただいています

【パッケージは視覚障害者の方に対する理解が深まる解説付き】
・全部で7種類、街で目の不自由な方に出会った時、私たちに何かできることはないか、思いを巡らす助けになることを願って作成しました
・神奈川県視覚障害者情報センター「神奈川ライトハウス」の福喜多恭子所長、同施設の運営母体であるNPO法人・神奈川県視覚障害者福祉協会の鈴木孝幸理事長に監修して頂きました

【パッケージデザインの工夫】
・ロービジョン(視機能の低下がある)の方にとって、黒地に白の丸ゴシック体文字がもっとも見えやすいというデータを基に、フォントの選定、カラーデザインなど、専門家のアドバイスを受けてデザインしています

【点字ラベル製作】
神奈川県視覚障害者情報センター「神奈川ライトハウス」で製作して頂いています

【売上の一部を視覚障害者福祉に寄付しています】
おいしいコーヒーを飲むことが、身の周りを明るくすることに繋がるように願っています

DOTコーヒー発売当初、地元タウン誌でご紹介頂いた時の記事です
記者さんがとても分かりやすく書いてくださっています

タウンニュース座間版(リンク)

DOTコーヒーおもて

DOTコーヒー うら


みんぱく特別展・追記

さきほどの国立民族学博物館の特別展

ユニバーサル・ミュージアム ―― さわる!“触”の大博覧会
について、広瀬浩二郎先生からプレスリリース資料をご提供頂きましたので、ご案内させて頂きますね。

下記リンクをご参照ください。

特別展プレスリリース


国立民族学博物館の特別展ご案内

商品を通じて、いろいろな場所で皆様にお目にかかりたい!
座間市のブタ釜コーヒーの店 コーヒーノート店主の大森です。
こんにちは!

大阪は千里万博公園にあります国立民族学博物館にて、9月2日より広瀬浩二郎先生(文化人類学者・国立民族学博物館准教授)の企画による特別展
「ユニバーサル・ミュージアム ―― さわる!“触”の大博覧会」が開催されます。

この特別展に合わせて、国立民族学博物館ミュージアム・ショップではコーヒーノートのDOT coffee(みんぱく特別仕様)が販売されます。これまでもお取り扱い頂いていましたが、特別展に合わせてさらにスポットを当てて頂けることになりました!

広瀬浩二郎先生とはDOT coffeeをきっかけに出会いを頂きました。
商品の事をお気にかけて下さり、DOT coffeeの改良にあたっては様々なアドバイスを頂戴し、おかげさまでより良い商品にすることが出来ました。

写真は特別展のチラシです。
点字と墨字(点字ではない文字=私たちが普段使っている目で見る文字)が併記されています。
まさにユニバーサルですね!

私もコロナワクチン接種後にぜひ訪ねたいと思います。
ご興味のある方はぜひ、下記リンクもご参照ください。
よろしくお願い致します。

言うまでもなく、この時期に触る=接触する展示を開催することについて、関係者の方々は悩み、数え切れないほどの協議を重ねて来られ、万全を期した感染対策を実施した上での開催をご決断された事と察します。

特別展の成功を心よりお祈り申し上げます。

特別展のちらし

ユニバーサル・ミュージアム—さわる!”触”の大博覧会

蝕文化について—(NHK福祉情報サイト ハートネットより)

DOT coffee



ブタ釜焙煎珈琲専門店 コーヒーノート お問い合わせ