コーヒーノートのコーヒーブログ

コーヒーノート(COFFEENOTE)のブログ

地酒とザマオーレ…

座間ブタ釜焙煎コーヒーの店、コーヒーノート店主の大森です。
毎日暑いですね..。
ザマオーレが座間の市民的飲料になることを目指しています。

あっという間に梅雨も明けて、いよいよザマオーレがおいしい季節がやってまいりました!!

写真は私の故郷、滋賀県を旅して来られたお客様から頂戴したお土産です。
・実家からほど近くの醸造所「彦根麦酒」のクラフトビール
・彦根の老舗「あゆの店きむら」の小あゆ煮
ありがとうございます、本当に嬉しいです。

ちなみに店主は滋賀愛が過ぎて、毎年正月はコーヒーノートを滋賀Bar(滋賀の地酒バー)にしてしまうほど滋賀の地酒に入れ込んでいます。


その土地の気候風土に育まれた原料米(例外あり)と、その土地の水を使って醸された日本酒のことを地酒といいます。
大半はその土地で消費され、地元の人びとに愛されている酒と言っていいと思います。

私にとっては、遠く離れた故郷を思い出させてくれる古い友人のような存在です。
滋賀から出て来て何十年…。
かつて見たなんでもない風景や出来事、幼かった頃のこと…。
二度と戻らない時間を巻き戻すようにしながら、しみじみと故郷の地酒を味わうひとときは今や一日の終わりの楽しみのひとつになっています。(歳取った訳です)


ところで、ザマオーレは座間の天然の地下水を使って製造しています。
座間は水道栓を捻ると、ミネラル豊かなおいしい地下水が蛇口から出てきます。水質も日本では珍しい中硬水。
当たり前になってしまって普段は何とも思いませんが、他所の土地では考えられないほどに恵まれた環境ですよね。

豊かな水資源は座間の誇りです。
この水のことをもっと広めるために、座間の観光資源のひとつとしてザマオーレは誕生しました。
(コーヒーから離れて随分脱線したな…。と思ったあなた、安心して!!ちゃんとコーヒーの話まで戻ってきましたよ!!)

ザマオーレを地酒ならぬ「地珈琲」として、座間の皆様に愛される商品に育てていきたいと思っています。
いつの日か、座間を離れた人たちがザマオーレを飲みながら故郷・座間のことを思い出してくれたら…。
私たちの夢のひとつです。

これから先もザマオーレを一本一本、心を込めてお客様にお届けしてまいりたいと思います。

※小鮎に合わせて用意した不老泉(備前雄町山廃純米吟醸)と七本鎗(玉栄特別純米)
※小鮎は川を遡上することなく一生を琵琶湖で過ごす希少な鮎です
彦根麦酒

小鮎と地酒


父の日に人気のギフト

こんにちは。座間ブタ釜焙煎珈琲の店、コーヒーノート店主の大森です。
ザマオーレが座間の市民的飲料になることを目指しています。

父の日に強いザマオーレのお話です。


今年も父の日が近づいてまいりました。
ザマオーレをプレゼントにお選びくださる方が年々増えています。
(母の日よりも父の日の方がご注文が多いように思います)

座間の店頭はもちろん、オンラインショップからも父の日のギフトとしてご注文を頂いています。

牛乳で割ったザマオーレに焼酎などを足すと、おいしいカクテルになります。
お父様にぜひ教えて差し上げてください。

ザマオーレご注文ページ

夏にぴったりのザマオーレアイスキャンデーギフトもございますので、
「毎年毎年ザマオーレじゃなぁ…」という方はぜひこちらもご検討ください。

ザマオーレアイスキャンデーご注文ページ

ザマオーレギフトボックス2本入


ザマオーレ夏のちらし

こんにちは。座間ブタ釜焙煎珈琲の店、コーヒーノート店主の大森です。
生豆を水洗いして汚れを落としたのち、直火で焙煎しています。

ザマオーレを座間の市民的飲料に!!


季節ごとに発行しているザマオーレのちらし。
夏号が完成しました。

ミルコくんが使っている氷かき、見覚えのある方も多いと思います。
わざわざ、書き足してもらったものですが、平成生まれのイラストレーターさんは「きょろちゃん」をご存じなかったです…。

内容を全てお任せしている裏面の4コマ。
いつも楽しみにしていますが、今回のはちょっとジ〜ンときました。

いつも素敵なちらしを制作してくださり、本当にありがたいです。

なお、ザマオーレのちらしをすべて見ることができるページもございます。
コチラ
または、
コチラ

みなさん、ザマオーレとザマオーレアイスキャンデーをよろしくお願いします!!

ザマオーレのちらし


ザマオーレ到着!!

本格的な暑さを前に、ザマオーレが到着しました。
50ケース、600本です。
夏場は加工場が需要過多で埋まるため、切らさないよう早め早め&多め多めで製造します。

この後もどんどん来ます。


今年の夏は、各地でお祭りなども再開される予定だそうです。
いよいよ、日本の夏らしい夏が戻ってきます。
みなさまの笑顔のそばに、いつもザマオーレがあれば嬉しいです。

ザマオーレはこちらです

椛島氷菓さんで作っていただいているザマオーレで作ったアイスキャンデー、「ザマオーレアイスキャンデー」、「ザマオーレ金時」もどうぞよろしくお願い致します!!

ザマオーレアイスキャンデーはこちらです

ザマオーレ到着ザマオーレ到着・傍から


北鎌倉Akizuki様

こんにちは。座間ブタ釜焙煎珈琲の店、コーヒーノート店主の大森です。
生豆を水洗いして汚れを落としたのち、直火で焙煎しています。


北鎌倉のお客様へのご挨拶、もう一軒はAkizuki様です。

和とフュージョンしたイタリア料理と、選りすぐりのナチュラルワインが楽しめるお店です。
にちりん製パンのご主人がご縁を繋いで下さいました。

コース仕立てのお料理一皿一皿を、それぞれにぴったりのナチュラルワインと共に…。
食材やワインにまつわる興味深いストーリーを伺いながら、奥深く刺激的な世界の入り口を垣間見させて頂きました。

多くのファンを持つAkizuki様は、食事の締め括りのコーヒーの事も大切に考えて下さっていらっしゃいます。
私どものコーヒーをお選び頂いている事は、誇らしく励みになります。
最後のコーヒーまで、素晴らしい時間と幸福感でした。

翌朝、普段とは違う身の軽さを感じました。心地良く爽快で、気分も晴れ晴れ!!
きっと身体がよろこぶ料理とお酒のおかげなのでしょう。

akizuki様にて


北鎌倉のにちりん製パン様まで

日曜日はお休みを頂いて北鎌倉のお客さま、にちりん製パン様のお店まで。
店主の津野さんは独立される前からコーヒーノートにお越し下さっていました。
コーヒーノート開店当時からですので、もう20年近くになります。さまざまなお店で修行されたのち、国産小麦、自家製の発酵種使用と、独自のおいしいパンを作っていらっしゃいます。

にちりん製パン様では、コーヒーノートのコーヒーもお取り扱いくださっています。

ザマオーレ加糖を使ったコーヒーメロンパンもあります!
小麦とコーヒーの香りがちょうどよく混ざり合っていました。
おいしいです!!

にちりん製パン様店舗外観 コーヒーメロンパン

 


おみやげを頂きまして

こんにちは。座間ブタ釜焙煎珈琲の店、コーヒーノート店主の大森です。

九州に引越しされたお客様が、福岡は柳川の椛島氷菓のお土産をお送りくださいました。(椛島氷菓様はザマオーレアイスキャンデーを製造してくださっています)

素敵なお店ですっかりファンになられたそうです。

遠く離れた座間と柳川のお店をお客様が繋げてくださり、
「こういう出来事はお互いに励みになりますね」と椛島さんもおっしゃっていました。
私もそう感じます。

私は椛島さんに伺ったことがありませんが、お客様のおかげで
「座間のコーヒーノートで椛島さんのアイスを食べたお客さんは、こんなに幸せな顔をしていらっしゃるんですよ」
ということが、私が訪ねてお話しする以上に伝わったと思います。

これからも一杯のコーヒー、一本のアイスキャンデーを通してみなさんの気持ちを少しでも明るく照らせることができるよう努めて参りたいと思います。

まもなくアイスキャンデーがおいしい季節が巡ってまいりますね!!

椛島氷菓おみやげ


’22 恵方珈琲

こんにちは。座間ブタ釜焙煎珈琲の店、コーヒーノート店主の大森です。

今年の恵方は「北北西」。
願いを叶え、厄を払う…。

そんな思いを込めて毎年販売している縁起物のコーヒーです。
恵方に向かって無言でお召し上がりください!!

今年は希少なマダガスカル産ブルボンをベースに、アジア諸国の豆をブレンドした、アジアンブレンド。

マダガスカルは地理的にはアフリカに近いのですが、マダガスカル人はもともと東南アジア方面から渡ってきた人々がルーツともいわれています。
自分たちは(アフリカ人ではなく)アジア人だと意識している方々もいるそうです。
ちなみに、一人当たりのコメ消費量は世界一というデータがあります。

アイアイのコーヒーを通じて身近に感じるようになったマダガスカル。
アジアの一員と見立て、アジア産コーヒーだけで作った恵方珈琲。
残りあとわずかとなっています。

恵方珈琲


アイアイのコーヒー新ロット準備

こんにちは。座間市 ブタ釜コーヒーの店 コーヒーノート 店主の大森です。

100%マダガスカル産コーヒーのコーヒーバッグ『アイアイのコーヒー』新ロット製造のため、休日を利用して焙煎作業を行いました。

焙煎したコーヒーはこのあと大分の工場でコーヒーバッグに加工されます。


『アイアイのコーヒー』1ロットには20キロの焙煎豆が必要で、そのために25キロ強の生豆を焙煎します。(コーヒー生豆を焙煎すると、およそ20%目減りするからです)

現行の小型焙煎機(一般的な3キロ〜5キロ釜)ならこれくらい数バッチ程度で焼き上げてしまえると思いますが、旧式焙煎機のブタ釜の場合、かなりの回数に小分けして何バッチもこなさないと終わりません。(注:あくまで私の考えです。他のブタ釜ユーザー様それぞれのお考えを全面的に尊重します)。

ブタ釜の仕様としては4キロ釜(一度に4キロ焙煎できるサイズ)となりますが、これも普通にブタ釜を使っていた時代(40年以上前くらい?)の話。当時流通していた生豆ならそれで良かったかもしれませんが、硬く実が締まったスペシャルティコーヒーを焙煎するとなると話が違ってきます。


スペシャルティコーヒー全盛の昨今、素材は格段に良くなり、そこに求められる味わい・風味もより個性的かつ洗練されたものとなりました。

ちょっと時代遅れの焙煎機・ブタ釜でこうしたトレンドに応えてゆくには少し工夫が必要です。

※:現代の焙煎機はその圧倒的な火力と風力の他、操作面でも様々な柔軟性を備えています。
これによって素材の特性を活かすための様々な手立てを焙煎者に提供できるようになっています。

勝手にお名前を出すのも失礼なので伏せますが、銀座の超・名店様で使用されている『ブタ釜』には、スペシャルティコーヒーを焙煎するためのオリジナル・チューンが施されていると聞きます(内容は記せません…)。対して、コーヒーノートのブタ釜は無改造ノーマル仕様です(とほほ…)。

そこで、一度に焙煎する量を思い切って減らして火力・風力にゆとりを持たせています。解決策としてはこれでいいのですが、まとまった量を焙煎するときの作業量はかなりのものになります。
今回も休日を丸々使って8時間くらいかかりました。ビジネスとして考えた時、まともではない(時間&燃費)気もしますが、おかげさまで私もブタ釜も機嫌良く仕事ができています。みなさまに感謝です。


余計な手間のかかった(笑)ブタ釜コーヒーをもっとたくさんの方にお召し上がり頂けるよう、今後も努めて参りたいと思います。

アイアイのコーヒーの新ロットは1月末頃は発売の予定です。

アイアイのコーヒーバッグ


さわる!“触”の大博覧会に行ってきました

こんにちは。座間市にあるブタ釜コーヒーの店 コーヒーノート 店主の大森です。

みなさまにご報告申し上げるのが遅くなってしまいましたが、昨年の11/22、大阪の国立民族学博物館で開催された特別展「ユニバーサルミュージアム〜さわる蝕の大博覧会〜」に出かけてまいりました。
民博に出かけるのは7年ぶりです。(しかも今回は日帰りです!!)


DOTコーヒーについてのご感想とアドバイスのお電話を頂いた事が、本特別展実行委員長の広瀬浩二郎先生と知り合うきっかけでした。

その後「点字毎日(日本で唯一の点字新聞)」編集部にご縁を繋げて下さり、おかげさまで全国の視覚障害者の方々に点字を通してDOTコーヒーの事を知ってもらうことができました。

会場で直接お会いして日頃のお礼を申し上げるのが、この日の目的のひとつでした。


視覚に依らず、触って鑑賞する作品が並ぶ会場ー。
こちらから歩み寄って作品に触れる、というアクティブな鑑賞スタイルは新鮮でした。
戸惑いながら蝕れていくうち、「よっしゃ、次(の作品)いってみよ〜!!」というふうに、
新たな刺激や感触を得ようと積極的になってゆく自身の変化も可笑しかったです。

・掌だけでなく、全身を預けてその感覚を楽しむ作品などもあり、さまざまなチャレンジを感じました
・蝕覚も個人的なものである一方、誰とも共感できるものでもあると再認識しました


鑑賞後、民博ミュージアム・ショップに伺いました。
「世界ドリップ紀行」のほか、特別展に合わせて「DOTコーヒー(みんぱくVer.)」も販売していただいておりました。スタッフの皆様にご挨拶し、国立民族学博物館を後にしました。

特別展が示すビジョンに相応しい商品としてDOTコーヒーが今後も成長するよう、努めてまいりたいと思います。

特別展入口



ブタ釜焙煎珈琲専門店 コーヒーノート お問い合わせ