コーヒーノートのコーヒーブログ

コーヒーノート(COFFEENOTE)のブログ

店頭のみ、数量限定”今度の山に持って行く珈琲”

「コーヒー豆は洗った方がいい」
生豆をミネラル豊かな座間の水で洗って泥ヨゴレを落としたのち、
座間ゆかりの旧式焙煎機(通称:ブタ釜)を使い、直火で炙ってコーヒーを作っています。


ひとつ前の投稿、カフェインを99.9%カットした「decaf(デカフェ)コーヒーバッグ」には、全く同じ機能でパッケージ違いの商品があります。

商品名は「今度の山に持って行く珈琲」。
山行(さんこう:ハイキングやトレッキング、登山)や、ドライブなどのお供として携行してもらえるようにパッケージをリ・デザインしたものです。

「なんで、わざわざ山にカフェインレスコーヒーを持って行かはるんです?普通のコーヒーでええんとちゃいますのん?」
山行用のコーヒーだけは、決まってカフェインレスをお買い求めになるお客様から聞かせて貰ったお話から、この商品は生まれました。

山で飲む淹れたてのコーヒーの旨さは格別ですが、「飲みたいけど我慢している」という方も実は結構いらっしゃいます。
その理由が「トイレの問題」です。

ご存知の通り、カフェインには利尿作用があります。
水分補給はとても大切ですが、みなさん可能な限り山で用足しせずに済ませたいそうなのです…。

山の上には、どこにでもトイレがある訳ではありません。
しかも、昨今のオーバーユースによってトイレ問題(し尿問題)はゴミ問題と並んで山の環境保全に大きな影響を与えています。そして、山を愛する人ほどこうした問題に敏感です。

多くの人たちとコーヒーの美味しさと楽しさを分かち合いたいコーヒーノートとしては、山で淹れるコーヒーを我慢して欲しくありません。
そこで、「トイレの問題」解決の手立てひとつとしてカフェインレスコーヒーを提案させていただいた次第です。
山を愛する皆様にこそ、お役立て頂きたいです。

「decaf(デカフェ)コーヒーバッグ」のパッケージデザインのままだとベテランの山男が携行するにはファンシー過ぎるということで、山でこそ映えるデザインをめざしました。
ご覧の通り、ケースから出してバラした時の暑苦しさは噎せる(むせる)ほどです。「どんだけ山行きたいねん?」ちゅう感じになりますね。
なんでか、登山女子に好評なのが誤算といえば誤算です。(ほんま、なんでやろ?)

製造数が少ないため店頭販売のみとなっておりますが、遠方でご入用のお客様がいらっしゃいましたらお問い合わせください。

メール:info@coffeenote.com

電話・FAX:046-254-2282  にてご注文承ります。

山の環境問題まで意識した?コーヒーノートのカフェインレスコーヒーバッグ。
ぜひ、今度の山に持って行って下さい‼︎

山の他にも、さまざまなシーンでお役に立つはずです。
パッケージデザイン違いのdecaf(デカフェ)コーヒーバッグもよろしくお願いします!!
6ヶセット、ケース入り1,100円(税込)
バラ売り180円(税込)

今度の山に持って行く珈琲の画像


デカフェコーヒーバッグをリニューアル!!

「コーヒー豆は洗った方がいい」
生豆をミネラル豊かな座間の水で洗って泥ヨゴレを落としたのち、 座間ゆかりの旧式焙煎機(通称:ブタ釜)を使い、直火で炙ってコーヒーを作っている「ブタ釜焙煎コーヒーの店コーヒーノート」です。


長らく欠品しておりましたデカフェコーヒーバッグはパッケージデザインを刷新して好評販売中です。
有機JAS認証、レインフォレストアライアンス認証のロハスビーンズをデカフェ(マウンテンウォータープロセス)処理したこれ以上にないグレードの原料を使用しています。

ひとくち含むとスイートポテトからカラメルに変化し、柑橘のニュアンスまで感じさせる奥深い味わいです。
本当に美味しい…。

パッケージデザインには知人の版画家さんの作品を取り入れています。
デカフェがある風景をイメージした図柄を6種類用意しました。

カフェインレスコーヒーを必要としている妊婦さんや乳幼児のお母さんも多いと思います。
コーヒーを淹れる時間も惜しいほどではないでしょうか?

コーヒーバッグなら、いちいちお湯を注す手間もなく、失敗もありません。
お湯に浸けて3分待ち、お好みの濃さになるまで上下に揺するだけです。

赤ちゃんにも安心な有機JAS認証、レインフォレストアライアンス認証のロハスビーンズをデカフェ(マウンテンウォータープロセス)処理した、decaf〜デカフェ〜コーヒーバッグ、ひと息つきたいときにぜひ、お役立てください!


・カフェイン摂取を控えなければならない

・睡眠の質を損なわないようにしたい

・山行やドライブなどでトイレを控えたい

そんなすべての皆さまにお薦めします!!


6ケセットケース入り1,100円(税込)

バラ売り180円(税込)

お買い求めはこちらのページより承ります>
コーヒーノートオンラインショップ

デカフェコーヒーバッグ


ザマオーレ秋のチラシ

こんにちは。座間ブタ釜焙煎珈琲の店、コーヒーノート店主の大森です。
生豆を水洗いして汚れを落としたのち、直火で焙煎しています。

ザマオーレを座間の市民的飲料に!!


季節ごとに発行しているザマオーレのちらし。
現在、秋号をお手渡し中です。

もっともっと沢山の人にお届けできるよう、パヴェ=石畳がおしゃれなフランス(?)の街までタンデムで出張です。ここでもザマオーレは大評判のようですね!!

 

なお、ザマオーレのちらしをすべて見ることができるページもございます。
コチラ
または、
コチラ

 

冷え込んできましたが、ホットでもおいしいザマオーレをこれから先も、どうぞよろしくお願いします。

ザマオーレ秋のチラシ


ザマオーレを積み増し!!

ブタ釜コーヒーとザマオーレの店、コーヒーノートの大森です。
座間の夏、日本の夏、ザマオーレはやっぱりおいしいですね。

私の子供時分はカルピスでしたけど
「夏といえばザマオーレ」を想い出してくれるような人が増えたら嬉しいです。


先日投稿しました通りザマオーレが600本届き、そのあと追加で600本届き、先日さらに600本届きました。このあとさらに届きます。

「大丈夫か?」と自分にツッコミを入れたくなるほど、ノーリミットでレイズしております。(妻も「行け!!」と申しておりますので多分大丈夫のはずです…)が、小心者の私としては最早、無分別とも言うべき地平に足を踏み入れてしまったかのように感じ、恐れ慄(おのの)いています。が、大丈夫でしょう!!

毎年、夏はこんな感じなのですがやっぱりちょっと怖い…。
加工場が需要過多で埋まってしまって必要な時にすぐ製造出来なくなるため、商品を切らさないようにどんどん作っておくのです。前年の実績や発注時点での販売予測(願望?)を頼りに、何ヶ月も前から製造日程を組みます。

皆様にはご自宅でのご利用の他、贈り物や帰省の際の座間みやげとしてもザマオーレをお役立て頂きまして、いつも感謝しております。誠にありがとうございます。

これもひとえに”ざまみず”を届けて下さる座間市水道課の皆様、ザマオーレを加工・製造してくださる工場の皆様、ザマオーレを運んで下さる運送会社の皆様、何よりもザマオーレをお買い上げ下さるお客様の支えがあるからこそ。
皆様のおかげで、今日も明日もザマオーレをお手元にお届けすることが出来ています。

これから先も、商品と共に笑顔と小さな幸せをお届けできる店になれるよう努めてまいります。

ザマオーレはコーヒーノート店頭およびオンラインショップのほか、座間イオン様、座間市社協ほほえみショップ様、さがみ野Ojipan様、福島県須賀川市のすかがわ観光物産館flatto様、秋田県大山市の道の駅なかせん様でもご購入いただけます。


みなさまの笑顔のそばに、いつもザマオーレがあれば嬉しいです。

ザマオーレはこちらです

椛島氷菓さんで作っていただいているザマオーレで作ったアイスキャンデー、「ザマオーレアイスキャンデー」、「ザマオーレ金時」もどうぞよろしくお願い致します!!
アイスキャンデーは椛島氷菓様から冷凍便にて直送いたします。

ザマオーレアイスキャンデーはこちらです

ザマオーレ到着


アイスキャンデーのお持ち帰り

座間ブタ釜焙煎コーヒーの店、コーヒーノート店主の大森です。
今日は久しぶりの晴天。良い休日になりました。

おかげさまでアイスキャンデーもたくさんのお客様にお買い上げ頂いています。

お持ち帰りのアイスキャンデーは新聞紙に包んでお渡ししています。
これでずいぶん溶けにくくなります。これはアイスキャンデー製造元の椛島氷菓さんに教えて頂いた方法ですが、ご自宅まで30分くらいでしたら充分だと思います。

新聞紙は、実家から送ってもらっている「京都新聞」を使用しています。
ローカルニュースや広告など眺めていると面白いです。

ア新聞紙に包んだイスキャンデー

 

 


地酒とザマオーレ…

座間ブタ釜焙煎コーヒーの店、コーヒーノート店主の大森です。
毎日暑いですね..。
ザマオーレが座間の市民的飲料になることを目指しています。

あっという間に梅雨も明けて、いよいよザマオーレがおいしい季節がやってまいりました!!

写真は私の故郷、滋賀県を旅して来られたお客様から頂戴したお土産です。
・実家からほど近くの醸造所「彦根麦酒」のクラフトビール
・彦根の老舗「あゆの店きむら」の小あゆ煮
ありがとうございます、本当に嬉しいです。

ちなみに店主は滋賀愛が過ぎて、毎年正月はコーヒーノートを滋賀Bar(滋賀の地酒バー)にしてしまうほど滋賀の地酒に入れ込んでいます。


その土地の気候風土に育まれた原料米(例外あり)と、その土地の水を使って醸された日本酒のことを地酒といいます。
大半はその土地で消費され、地元の人びとに愛されている酒と言っていいと思います。

私にとっては、遠く離れた故郷を思い出させてくれる古い友人のような存在です。
滋賀から出て来て何十年…。
かつて見たなんでもない風景や出来事、幼かった頃のこと…。
二度と戻らない時間を巻き戻すようにしながら、しみじみと故郷の地酒を味わうひとときは今や一日の終わりの楽しみのひとつになっています。(歳取った訳です)


ところで、ザマオーレは座間の天然の地下水を使って製造しています。
座間は水道栓を捻ると、ミネラル豊かなおいしい地下水が蛇口から出てきます。水質も日本では珍しい中硬水。
当たり前になってしまって普段は何とも思いませんが、他所の土地では考えられないほどに恵まれた環境ですよね。

豊かな水資源は座間の誇りです。
この水のことをもっと広めるために、座間の観光資源のひとつとしてザマオーレは誕生しました。
(コーヒーから離れて随分脱線したな…。と思ったあなた、安心して!!ちゃんとコーヒーの話まで戻ってきましたよ!!)

ザマオーレを地酒ならぬ「地珈琲」として、座間の皆様に愛される商品に育てていきたいと思っています。
いつの日か、座間を離れた人たちがザマオーレを飲みながら故郷・座間のことを思い出してくれたら…。
私たちの夢のひとつです。

これから先もザマオーレを一本一本、心を込めてお客様にお届けしてまいりたいと思います。

※小鮎に合わせて用意した不老泉(備前雄町山廃純米吟醸)と七本鎗(玉栄特別純米)
※小鮎は川を遡上することなく一生を琵琶湖で過ごす希少な鮎です
彦根麦酒

小鮎と地酒


父の日に人気のギフト

こんにちは。座間ブタ釜焙煎珈琲の店、コーヒーノート店主の大森です。
ザマオーレが座間の市民的飲料になることを目指しています。

父の日に強いザマオーレのお話です。


今年も父の日が近づいてまいりました。
ザマオーレをプレゼントにお選びくださる方が年々増えています。
(母の日よりも父の日の方がご注文が多いように思います)

座間の店頭はもちろん、オンラインショップからも父の日のギフトとしてご注文を頂いています。

牛乳で割ったザマオーレに焼酎などを足すと、おいしいカクテルになります。
お父様にぜひ教えて差し上げてください。

ザマオーレご注文ページ

夏にぴったりのザマオーレアイスキャンデーギフトもございますので、
「毎年毎年ザマオーレじゃなぁ…」という方はぜひこちらもご検討ください。

ザマオーレアイスキャンデーご注文ページ

ザマオーレギフトボックス2本入


ザマオーレ夏のちらし

こんにちは。座間ブタ釜焙煎珈琲の店、コーヒーノート店主の大森です。
生豆を水洗いして汚れを落としたのち、直火で焙煎しています。

ザマオーレを座間の市民的飲料に!!


季節ごとに発行しているザマオーレのちらし。
夏号が完成しました。

ミルコくんが使っている氷かき、見覚えのある方も多いと思います。
わざわざ、書き足してもらったものですが、平成生まれのイラストレーターさんは「きょろちゃん」をご存じなかったです…。

内容を全てお任せしている裏面の4コマ。
いつも楽しみにしていますが、今回のはちょっとジ〜ンときました。

いつも素敵なちらしを制作してくださり、本当にありがたいです。

なお、ザマオーレのちらしをすべて見ることができるページもございます。
コチラ
または、
コチラ

みなさん、ザマオーレとザマオーレアイスキャンデーをよろしくお願いします!!

ザマオーレのちらし


ザマオーレ到着!!

本格的な暑さを前に、ザマオーレが到着しました。
50ケース、600本です。
夏場は加工場が需要過多で埋まるため、切らさないよう早め早め&多め多めで製造します。

この後もどんどん来ます。


今年の夏は、各地でお祭りなども再開される予定だそうです。
いよいよ、日本の夏らしい夏が戻ってきます。
みなさまの笑顔のそばに、いつもザマオーレがあれば嬉しいです。

ザマオーレはこちらです

椛島氷菓さんで作っていただいているザマオーレで作ったアイスキャンデー、「ザマオーレアイスキャンデー」、「ザマオーレ金時」もどうぞよろしくお願い致します!!

ザマオーレアイスキャンデーはこちらです

ザマオーレ到着ザマオーレ到着・傍から


北鎌倉Akizuki様

こんにちは。座間ブタ釜焙煎珈琲の店、コーヒーノート店主の大森です。
生豆を水洗いして汚れを落としたのち、直火で焙煎しています。


北鎌倉のお客様へのご挨拶、もう一軒はAkizuki様です。

和とフュージョンしたイタリア料理と、選りすぐりのナチュラルワインが楽しめるお店です。
にちりん製パンのご主人がご縁を繋いで下さいました。

コース仕立てのお料理一皿一皿を、それぞれにぴったりのナチュラルワインと共に…。
食材やワインにまつわる興味深いストーリーを伺いながら、奥深く刺激的な世界の入り口を垣間見させて頂きました。

多くのファンを持つAkizuki様は、食事の締め括りのコーヒーの事も大切に考えて下さっていらっしゃいます。
私どものコーヒーをお選び頂いている事は、誇らしく励みになります。
最後のコーヒーまで、素晴らしい時間と幸福感でした。

翌朝、普段とは違う身の軽さを感じました。心地良く爽快で、気分も晴れ晴れ!!
きっと身体がよろこぶ料理とお酒のおかげなのでしょう。

akizuki様にて



ブタ釜焙煎珈琲専門店 コーヒーノート お問い合わせ